廃人が叫ぶ!ゲームとか・アニメとか・・・
アニメやゲーム・コミックなどそのときの気分で 思ったことを書きなぐる雑記。 TB・コメント・リンク大歓迎!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「交響詩篇エウレカセブン」第30話「チェンジ・オブ・ライフ」
遅れて、待たせてババンバーン!!バンバンバババ、ババババーン!!(爆)

というわけで、日曜放送分の感想書くのが大幅に遅れています。
ちょっと、東北の方まで用事で出かけていたもので・・・・。
そんなわけで、もう内容なんて記憶の彼方さ!的感想第一弾エウレカセブンをど~ぞ!!
20051115164358.jpg


ララ~世界は二人のために~~~!!
前と同じように月光号での生活に違和感無く溶け込んでいくレントン。
しかしながら、その心には前とは違った明確な意思を持つようになった。

以前までは、ただエウレカを守ればいいという近視眼的なものだったが、それは違うと思うようになり、また真実を知り見極めて決断しなければならないと思うに至った。

そして、どんな真実が明らかになろうと「エウレカを守る」ということは変えるつもりはないらしい。
それはこのアニメを見るうえでの重要な中心線であろう。

レントンはこの決意をホランドに伝えなければならないと思い会いにいく。
そこには、眠っているホランドとタルホが・・・・・・。

タルホさんは嫌なんですよね。俺の血がホランドに流れるの。」と問うレントン。

それに対しタルホは、居なくなったダイヤのことが忘れられていないホランドのことを打ち明ける。
20051115164429.jpg


自分を捨てた女のことを忘れられないダサくて、バカで、不器用で、体を張ることしか能のないロリコン野郎なのよっ!!!

うっかり、余計なものを付け足してしまいました(笑)
そして、レントンに謝るタルホ。タルホさん気苦労が絶えませんねぇ。
それに対しレントンは、自分は自分であり姉ではないと言う。(こういう考え方になれたのは、やはりエウレカを認めるためですね。なぜならば、種族などその他もろもろのグループ的視点または、観点から見ればエウレカは決して認められる存在ではない。
したがってあくまでも個々としての者・存在という視点で捉えようとしている。


また、そんなホランドにはタルホさんが必要であることを告げる。

おぉ!!またレントンが大人びてきましたよっ!!

月光号では時々どちらが大人か子供か判らなくなりますね~(笑)

月光号はニルバーシュ改装のためトレゾア技研に降り立つ。
交渉役にホランドが名乗りを上げ見事成功する。
一緒に頭を下げ頼み込むエウレカとレントン妙に息がぴったり!

技研では軍から発注された対コーラリアン兵器の実験中。
着々とコーラリアン包囲網が敷かれている様子です。
20051115164531.jpg


ニルバーシュは裸に剥かれましたが・・・・・不気味です。

ニルバーシュのみ二人乗りということですが、その意味は人型コーラリアンと人との架け橋的存在のような気がしてなりません。

所長が作ったという映画は、モノクロームでいいですねぇ。
何かこう昭和風味満載な雰囲気でしたよっ!!

20051115164554.jpg


やはりエウレカは昔の方がイイですねぇ~~~!
現在のエウレカは髪型はもとよりあの血管の浮き出た模様が怒マークにしか見えないんですよねぇ。

あとこの技研のひとたちって日系の人で占められてるんですかね。
なんかパトレイバーの整備工場みたいな感じです。

ここでタルホは変わるために髪をバッサリと・・・・・。
20051115164642.jpg

なんか間違っていますぞーーーーーー!!

なにか、前期はレントンが変わるまでのお話で今期はそれに感化された月光号のメンバーの変化を中心に今のところ描かれているかと。
それはエウレカの変化でありタルホでありモーリスも変化の兆しが。
20051115164704.jpg

なんか象徴的ですね!!

心の変化は大変結構なのですが・・・・
ビジュアルの変化はエウレカ・タルホ供に間違った方向に・・・・
このままグレードダウンしていけば・・・
OP映像になる日は近いっ!!(笑)

←タルホさんその髪と服装はちょっと・・。という方はクイック!

B000B8FJLG交響詩篇エウレカセブン 5
三瓶由布子 名塚佳織 藤原啓治


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:交響詩篇エウレカセブン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://namagomi.blog28.fc2.com/tb.php/47-cb34c7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今回は交響詩篇エウレカセブン 第30話 「チェンジ・オブ・ライフ」の感想を書きます。
2005/11/15(火) 20:18:34 | 萌えと燃えの日記。
ここ数回は、タルホの活躍が見込まれます。今回はニルヴァーシュのスペックアップを見込んだ搬送に、タルホの気持ち切り替えが主軸でしょうか。とりあえず言いたいのは、新型の姐さ
2005/11/15(火) 20:40:47 | 師匠の不定期日記
交響詩篇エウレカセブン 4サブタイトル「チェンジ・オブ・ライフ」ニルヴァーシュもタルホ姉さんも、フルモデルチェンジ!以下詳細**********
2005/11/15(火) 20:41:13 | オヤジもハマる☆現代アニメ
なぜか徒然草を思い出した今回。川の流れは同じ流れではない。人も時もまた同じってところですか。
2005/11/15(火) 21:15:24 | Fere libenter homines id quod volunt credunt
ハイサイ!(>_<)!さて、ニルヴァーシュもSpec 2に早くなればいいな~と思いながら感想やら何やら書いていきましょうか~♪・Aパートトレゾワへと飛行中の月光号レントンはエウレカを連れて逃げ出すことも考えたが目の前の現実から逃げず、自分の知らない何もかもを知り
2005/11/15(火) 22:17:05 | 南の島からガンダムを作れ!
タルホやモーリスたち、人の外観的・精神的変化の話に平行して、ニルヴァーシュのモデルチェンジを当ててくるのは上手いな~と感心しながら観てました。やはり主役は生命体コーラリアンってことでしっかり人間と同列に扱われてましたね。 そしてタルホのイメチェン後の姿は
2005/11/15(火) 22:49:26 | うつわの器
【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんえうれかせぶん』】技術屋達の挽歌ボーイ・ミーツ・ガールの恋歌映画の中の惜哀歌引率者達の哀愁歌ういうい、んでは「交響詩篇エウレカセブン」を見て感じた事なんかを・・・。○「ホランドはね・・・ずっ...
2005/11/15(火) 23:03:23 | ここには全てがあり、おそらく何もない
誰だって、ずっとそのままではいられない。誰だって、必ず変わっていく。決意を以って、あるいは知らない内に。いつのまにか。前回に引き続き、勿体ぶったこれまでは何なの的に、サクサクサクサクSTORYWRITER。アゲハ隊(まんまやん)の新兵器に御大「エイフェックス・ツイン
2005/11/15(火) 23:17:11 | 下弦の憂鬱
今回で30回目のエウレカセブン。はやいですね。タルホ「自分を捨てた女を忘れられない、ダサくて、バカで、不器用で、体を張ることしか能のない本当にだめな奴なのよ…」ホランドのことが本当に好きなんですね。そのホランドを振ったダイアンの弟レントンの血がホランドの体
2005/11/16(水) 00:42:07 | たつのりに大切なこと
交響詩篇エウレカセブン 5交響詩篇エウレカセブン 7交響詩篇エウレカセブン(1) BLUE MONDAYエウレカセブン グラヴィティボーイズ&リフティングガール (1)【チェンジ・オブ・ライフ】「今のホランドを支えてあげられるのはタルホさんしかいないと思い...
2005/11/16(水) 12:13:12 | Cosi Cosi
交響詩篇エウレカセブン第30話毎回これくらい頑張って!作画クオリティはエウレカセブンの要ですもの。お願いしますよ頼みますよ。そして最終回付近は初回クオリティを切望したいのですよ。と言うことで内面外面、双方とも高レベル安定で安心して鑑賞できたよ。謎に関して
2005/11/16(水) 16:19:38 | Kimiteru's Blog
まるで何事も無かったかのような雰囲気のゲッコーステイトの皆さん あれからどれくらい時が過ぎたのかよく分らないけど 尊敬~ レントンにとってエウレカはただの女の子なのか・・・ コーラリアンが何故女の子の姿をしてるのか気にならないのかな 少なくともニルバーシュが
2005/11/17(木) 02:21:03 | 永遠の理念
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。